防災情報

「東日本大震災・能登半島地震」大津波の被害!南海トラフ事前対策をどう考え行動するか

東日本大震災や能登半島地震での大津波被害を忘れてはならない

東日本大震災は、2011年3月11日に発生し、その中でも特に甚大な被害をもたらしたのが大津波でした。

そして2024年1月1日の「能登半島地震」では、能登半島は日本の富山県に位置しており、これまでにもいくつかの地震や津波が発生しています。

石川県北西部を中心に海岸が盛り上がって水位が下がる「海岸隆起」が起きた可能性が高いことが分かりました。

隆起は最大4メートル超で、国内の地震では観測史上、最大級とされています。

この壊滅的な出来事は、必ず教訓としなければなりません。

「東日本大震災」は、東北地方太平洋沖地震はマグニチュード9.0という巨大な地震であり、その影響で発生した津波は沿岸部を襲いました。

津波は高さ40メートル以上にも達し、一瞬にして沿岸の町や村を飲み込み、数十キロメートルにわたって広がりました。

津波による被害は甚大で、沿岸部の住宅や商業施設が次々と押し流され、多くの人々が犠牲になりました。

さらに、津波によって発生した火災や停電、交通機関の寸断などが、救助活動や避難を難しくし、特に福島第一原発の事故は、原発周辺地域の住民に影響を与え、長期にわたる避難生活を余儀なくされました。

経済的な被害も計り知れません。

漁業や農業、観光業などが壊滅的な打撃を受け、復興には膨大な時間と資源が必要でした。地域社会は崩壊し、多くの人々が失ったものは計り知れないものでした。

そして、事前に対策を講じていたご家庭や、企業BCPの有無で、大きく結果が違いました。

一方で、この災害から学ぶべき重要な教訓もあります。

被災地域の地元住民や自治体、自衛隊、国際的な支援団体が協力し、共に努力することで、徐々に復興の兆しが見え始め、法的な基準も明確になってきました。

復興の道のりは依然として続いていますが、被災地域の方々は希望を抱き、再び地域社会を築き上げようとしています。

この災害から得られた教訓は、私たちにとっての防災・減災への意識向上や、地域社会との連携の大切さを教えてくれています。

南海トラフ地震の津波事前対策をどう考える?

津波は海底地震や火山の噴火などが原因で発生し、その破壊力は極めて強力であることは、多くの報道で目にしています。

私たちはこの自然の脅威に対して、真摯に向き合い、対策を講じなければなりません。

津波の被害は甚大で、海岸線に沿った地域では特に深刻な状態になります。

津波は通常、海岸線に押し寄せ、その力は建物や住宅、農地などを壊滅的に変えてしまいますが、東日本大震災では、津波が高かったこともあり、広範囲に被害をもたらし、多くの人々が住み慣れた土地を失い、生活基盤が崩れる悲劇が発生しました。

40年以内に起こる可能性が高い「南海トラフ地震」は、太平洋プレートとフィリピン海プレートがぶつかり合う地点で発生する巨大な地震の可能性があり、その影響で発生する津波は甚大な被害をもたらすことが予測されています。

津波のザクっとした対策

私たちはこのような未曾有の自然災害に備え、事前に対策を講じることが重要です。

事前対策は、国や地域の協力を得て、個人やコミュニティが防災意識を高め、迅速な行動を取ることが求められますが、まずは「自らの命を守る」自助が重要となります。

   津波の事前対策
1.防災教育の普及
学校や地域での防災教育を強化し、地震と津波に対する正しい知識を普及させることが重要です。特に避難経路や避難所の位置、非常用具の使い方について理解を深めることが必要です。
2.適切な建築基準の確立
地震や津波に強い建物の整備が不可欠です。地域の建築基準を見直し、新しい建物はもちろん、既存の建物に対しても補強や改修を進めることで、被害を最小限に食い止めることができます。
3.津波避難マップの整備
地域ごとに津波の侵入が予想されるエリアを示す避難マップを整備し、住民に提供することで、適切な避難場所や経路を把握しやすくします。これにより、住民は的確な行動をとりやすくなります。
4.避難訓練の実施
定期的な避難訓練を実施し、住民や学生、企業などが地域社会全体で迅速かつ的確に避難行動ができるようにします。繰り返しの訓練が防災の習慣を身につける助けとなります。
5.気象庁の情報を活用
気象庁からの地震・津波情報は迅速で正確です。これらの情報を信じ、瞬時に行動することが重要です。地元自治体はこれらの情報を住民に適切に伝え、的確な指示を発することが求められます。
6.コミュニティの連携強化
地域の住民、自治体、企業、NGOなどが緊密に連携し、協力して災害対策に取り組むことが重要です。防災意識の向上や情報の共有、必要な資材や支援の確保などが円滑に行われるように努めるべきです。
7.災害対応の設備整備
避難所や避難所での生活支援、救助活動をスムーズに行うための施設や備品の整備が欠かせません。十分な物資の備蓄や適切な設備の整備が、災害時の対応を強化します。

南海トラフ地震に備え、これらの対策を実行に移すことで、被害を最小限に食い止め、地域社会がより安全になる手助けとなります。

防災への意識が、より安心できる未来を築くことに繋がります。

お問い合わせ&ご依頼

関連記事一覧

当機構の関連法人「一般社団法人 日本防災共育協会」は、防災を学び、多くの方にお命をお守りできる人になるための教育の場です。

検索

セミナーで学ぼう!

 

 

 

 

 

 

BCPについて

カテゴリー