防災情報

自然災害の準備から初動活動「72時間の壁」を乗り越え、被災後の生活と経済

自然災害は私たちの生活において予測不可能であり、地球のさまざまな地域で地震、台風、洪水、火山噴火などが頻繁に発生しています。

これらの災害に備え、災害が発生した際には適切な初動活動を取ることが重要です。

その中でも、「72時間の壁」と呼ばれる期間が特に注目されています。

なぜこの72時間が重要なのか、そしてどのように備えと初動活動を行うべきなのかについてお伝えいたします。

72時間の壁を乗り越える!自然災害の準備と初動活動の重要性

「72時間の壁」とは、災害や緊急事態が発生した際に、被災者が救助や支援を受けるまでの最初の72時間が生死を左右する重要な時間帯を指します。

この期間は、被災地の状況によっては救助隊や支援物資が到達しにくいことがあり、被災者は自己の力で生存に必要な基本的なニーズを確保しなければならないため、非常に危険な状況が生じる可能性が高まります。

「72時間の壁」を乗り越えるためには、被災者や地域住民が適切な備えと初動行動をとることが重要です。

非常用の食料や飲み水、衣類、医療用具などの備蓄や、避難経路や避難所の確認、簡易な通信手段の用意、近隣住民との協力が必要です。また、地域社会全体が協力し合い、助け合うことが生死を分ける要因となります。

この期間を乗り切ることができれば、救助隊や支援物資が到達し、被災地の支援が始まります。

従って、72時間の壁を乗り越えるためには、個人や家族、地域社会が備え、初動行動を効果的に行うことが不可欠です。これにより、生存率が向上し、被害を最小限に抑えることが期待されます。

72時間の壁を乗り越えるための準備

自然災害に備えるための基本的な準備について考えてみましょう。

災害はいつ、どこで発生するか予測できませんが、それに備えることは可能です。

防災マニュアルや非常用持ち出し袋の整備は、災害に備える上での基本です。

防災マニュアルは、災害が発生した際の適切な行動や避難先の確認、家族や地域との連絡方法など、具体的な手順を示していますし、非常用持ち出し袋には、食料、飲料水、衣類、救急用品、懐中電灯、ラジオなどが含まれ、災害発生時に必要な基本的なアイテムを手元に用意しておくことが重要です。

各家庭で非常用袋を整備し、場所を確認しておくことで、災害時に即座に必要な物資にアクセスできます。

また、家族や近隣住民とのコミュニケーションも災害に備える上で欠かせません。災害時には情報が急速に変化し、正確な情報伝達が不可欠です。

家族や隣人と連絡手段や避難先を共有し、お互いにサポートできる仕組みを整えておくことで、災害時の混乱を最小限に抑えることができます。

72時間の初動活動の重要性

災害が発生すると、最初の数時間から数日間が非常に重要です。

救助隊や支援物資が到達するまで、個人や家族が自立して生存に必要な基本的なニーズを確保しなければならない時間帯です。

最初に考えるべきポイントは、非常用持ち出し袋が重要で、災害発生後、最初の72時間の間、自分たちの生存をサポートするために必要です。

そして、72時間を如何に生きていくかという避難計画も非常に重要です。

安全な場所への避難が必要な場合、事前に避難経路や避難所の場所を把握し、家族や近隣住民と共有し、定期的な避難訓練を行うことで、災害時の円滑な避難が可能となります。

適切な避難計画があれば、混乱やパニックを最小限に抑え、被害を軽減することができます。

通信手段の確保も非常に重要です。災害が発生すると通常の電話やネットワークが寸断される可能性が高まるため、ラジオや携帯電話の非常用バッテリー、簡易的な通信手段を備えておくことが求められます。

これにより、災害発生後も最新の情報を入手し、適切な行動を取ることができます。

地域社会との連携も初動活動において不可欠です。

近隣住民との協力体制を築くことで、資源や情報を共有し合い、効果的な初動活動が可能となり、地域のリーダーシップや協力体制を整備しておくことで、より強固な地域社会が形成され、お互いが支え合うことができます。

災害によって引き起こされるストレスや不安は非常に大きいので、事前にその可能性に備え、家族や地域とのサポートネットワークを構築しておくことで、心理的な負担を軽減させ、冷静な判断ができ、困難な状況に立ち向かう力を養っておくことがとても大切です。

初動活動「72時間の壁」を乗り越えるために!

「72時間の壁」について正確な知識を持つことは、災害時や緊急事態において生命の安全や生存の確率を高め、効果的な対応を行う上で非常に重要です。

   なぜ72時間が重要なのか?
1.救助隊や支援物資の到達までの時間差
災害発生後、救助隊や支援物資が到達するまでには時間がかかります。この期間、個々の家庭や地域が自立し、基本的な生活を維持する必要があります。
2.最初の72時間の生存確率
災害が発生した直後の混乱や被害拡大を抑え、最初の72時間を乗り越えることが、生存確率を高める要因となります。この期間に十分な備蓄や適切な初動活動を行うことが重要です。
3.基本的なニーズの確保
食料、飲料水、衣類、医療など、生存に必要な基本的なニーズを72時間間確保できるよう、事前の備えと初動活動が求められます。
4.備えと初動活動のポイント
最後に、具体的な備えと初動活動のポイントについてご紹介いたします。
5.防災マニュアルの整備
家族や地域ごとに防災マニュアルを作成し、災害時の行動計画を理解しましょう。これは72時間の初動活動をスムーズに進める基盤となります。
6.非常用袋の備蓄
非常用袋には72時間の生存に必要な物資を詰め込み、常に更新しておきましょう。これは初動活動の際に大いに役立ちます。
7.避難計画の共有
家族や近隣住民と共有した避難計画を持ち、災害時には適切な避難を行いましょう。72時間を乗り越えるためには、避難がスムーズであることが重要です。
8.通信手段の確保
災害時には通常の通信手段が寸断される可能性があります。非常用の通信手段を用意し、最新の情報を把握するようにしましょう。
9.地域社会との連携
地域社会との協力が初動活動の成功に不可欠です。助け合いや情報の共有が、72時間の壁を乗り越える力となります。
10.心理的なサポートの充実
災害時にはストレスや不安が発生します。家族や地域社会でのサポートが心の安定を保つ上で大切です。
11.リーダーシップの確立
地域やコミュニティにおいて、初動活動を効果的にリードするリーダーシップを確立しましょう。的確な指示と連携が、初動の混乱を最小限に抑えます。

これらの備えと初動活動は、生命を守るために必要な重要なステップです。

災害が発生する前に、家族や地域社会と共に計画を立て、準備を整えることが重要です。

そして、災害が発生した際には冷静な判断と迅速な行動が求められます。

当機構では、72時間の壁の生きる道として、家庭内・企業施設など様々なマニュアルのご提案をしております。

お問い合わせ&ご依頼

関連記事一覧

当機構の関連法人「一般社団法人 日本防災共育協会」は、防災を学び、多くの方にお命をお守りできる人になるための教育の場です。

検索

セミナーで学ぼう!

 

 

 

 

 

 

BCPについて

カテゴリー